« 直前ですみません、本日22時過ぎよりニッポン放送に出演します。 | Main | お待たせしました京阪発車メロディコレクションの通販が始まりました »

久し振りに本を出版します。

3月10日ごろよりアスキー新書より「鉄道の音」を発売します。ずばり題名通りの内容で、私の作った京阪の発車メロディの譜面もつけてみました。ぜひご一読ください。
090310tetsudo

|

« 直前ですみません、本日22時過ぎよりニッポン放送に出演します。 | Main | お待たせしました京阪発車メロディコレクションの通販が始まりました »

Comments

京阪電車を毎日利用している者です。
この本のことは知らなかったのですが,昨日3/24(火),たまたま京阪大江橋駅にある本屋さんの前を通り過ぎるとき,店頭に重なって置かれているのに気づいてすぐに買いました。
実は以前,玉木宏樹さんが著書「純正律は世界を救う」の中で,ある鉄道路線の発車メロディのひどいことを批判されていたのが印象に残っていて,「鉄道の音(音楽)」がちょっと気になっていました。京阪の発車メロディが向谷さんの作曲なのは当初から知っていて気をつけて聞いていたのですが,これなら玉木さんも納得かと思います。
肝心の本の内容についてですが,まだ半分くらいしか読んでいませんけれども,音楽ファン,鉄道ファンに限らず,ちゃっと違った視点から「鉄道」と「音楽」を眺めることができ(ついでに向谷さんの生い立ちも知ることができ),気軽に楽しめる内容だと感じています。(で,このサイトを見つけてすぐにコメントを書き込んだ次第です。)

Posted by: 京阪男 | March 25, 2009 08:12

私は、ものすごく鉄道が好き!という訳ではないですが、向谷さんの執筆本ということで、早速購入し読ませて頂きました。
新書版ということで少し堅い内容なのかな?と思ったら、自叙伝的な部分もあって、大変楽しく読ませて頂きました。実質的に本の半分がアナウンス&スコアなので、朝の通勤2日間で読み終えてしまいましたが・・・(笑)
感想は色々あるのですが、出来るだけ長文にならないように書かせて頂きます。
本の中で、発車メロディと車内放送について書かれており、これらは、単にうるさい等デメリットの面だけでなく、安全確保やアピール性などのメリットを強調されておりました。ごもっともなご意見だと思いました。ただ、私は最近仕事で千葉駅に行くことが多いのですが、千葉駅はあれだけ大きな駅であるにもかかわらず、実は発車ベルを鳴らしません。「まもなく発車します」というホームアナウンスの後、突然ドアが閉まります。当初、私はびっくりしましたが、最近はあれだけの番数がある大規模な駅でどこからも発車ベル(メロディ)が聞こえない不思議な環境に半ば心地よさも感じています。地下鉄ならばともかく、踏切の音もそうですが、駅や踏切周辺の住民のことを考慮すると、これもアリなのかも知れません。
もう一つ。車内アナウンスですが、あの放送に耳を傾けている人は、車内の何%くらいなんでしょう?雨の日に「本日傘のお忘れ物が多くなっております。ご注意ください。」というアナウンスをする車掌がいますが、この放送の有無で、どれだけ傘の忘れ物の数が変わるのでしょう?実験してみるとおもしろいかも?なんて考えたことがあります。車内アナウンスに多くの方が耳を傾ける工夫の一つに、やはり私が最近利用している「ゆりかもめ」におもしろい企画があったのでご紹介します。ゆりかもめの駅で有名なのは台場。その台場にはフジテレビがありますが、そのフジテレビの女性アナウンサーが一人一駅を担当し、すべての駅について「次は○○です」という車内放送をしました。駅毎に違うアナウンサーです。ポスターにはどの駅を誰が担当したのか掲載されていたように記憶しています。期間限定だったのですが、コラボ的な要素もあって、これは非常におもしろい企画だったと思います。アナウンスの声もきれいですから・・・
京阪の発車メロディをすべてつなげると1曲の作品になるというのも、大変すばらしい企画ですし、発車メロディや車内アナウンスも、鉄道会社の企画一つで利用者の多様なニーズを掴むことが出来るように思いました。
結局、長文になってしまい、失礼しました。

Posted by: カシオケヤ@KEY | March 20, 2009 13:08

亀レスですみません。
東京出張の時に買おうと思いましたがなかなか見つからず。
たまたま飛行機を利用したのですが、
鉄道の本は空港では置いてないみたいです。
今からネットで注文するか、3/20に難波に出て買うか、
まだ迷っていたりして・・・。

Posted by: TraSim002 | March 18, 2009 23:05

向谷さん、いつも楽しくブロブを拝読しております。
カシオペアファン歴25年のアラフォーですが、
「てっちゃん」でもあります。がしかし
向谷さんの本業が最近「鉄道評論家」に思えてきました。はやいフレーズを野呂さんとユニゾンしたり、
密かにカシオペアの音の裾野や幹を作り出して楽曲を
厚くしておられる向谷さんが大好きでした。(です)
なんか鉄道ばっかりで往年のファンにとっては寂しいです。naru choice期待しております。

Posted by: リーピンマスター | March 16, 2009 10:58

初めまして~♪
お仕事頑張って 下さいネ(-^□^-)

Posted by: かりん | March 15, 2009 22:46

さっそく購入し読みました。
楽譜もGoodでした。
CDはわざわざ大阪へ出かける友達何人かに頼んだにもかかわらす、売り切れていて手に入らず残念でしたので、楽譜を見ながら歌っています。

Posted by: きうい | March 13, 2009 21:40

こんばんは。

著書「鉄道の音」を発売日に即購入し、あっという間に読み終えてしまいました。

これからお読みになる方の楽しみを奪わない様、具体的な感想を述べるのは控えておきますが、とにかく面白かったです。

音楽の苦手な私は楽譜が読めないので、CDを聞きながらなぞってみようかと思います(苦笑)。

Posted by: カシオペア鉄男 | March 13, 2009 01:23

おお~それは是非とも買わないと!!
京阪電車の発車メロディの譜面つきですと~??
CDを聴きながら、音符をたどりたいし
向谷さんの文章大好きだし、早く手に入れよう~

Posted by: ふくちゃん@京都 | March 12, 2009 00:07

私もネットで注文致しました。
今から届くのがとても楽しみです。

Posted by: rapi:t | March 08, 2009 20:03

段々と春の足音が近づいてきています。

向谷さんもお体に注意してがんばってくださいね

さっそく 本 注文入れましたw

Posted by: 鉄ちゃん小僧@北関東 | March 07, 2009 13:05

はじめまして、ぽにょんと申します。
いつもブログ楽しみにしてます。
これからも応援していますので
頑張って下さい。

Posted by: ぽにょん | March 07, 2009 04:55

The comments to this entry are closed.

« 直前ですみません、本日22時過ぎよりニッポン放送に出演します。 | Main | お待たせしました京阪発車メロディコレクションの通販が始まりました »