« スタジオよりVocoderのご紹介です | Main | 成績付け »

MAKE UP CITY続編

このアルバムが色々思い出深いのは、その曲のインパクトもさることながら、私にとって初めてのカシオペア曲が収録されたことや、メンバーの誰かの曲だか忘れましたが、題名が決まらなくて、メンバー全員がスタジオで徹夜したことなどがあります。人の曲の題名に全員がつきあう、不思議なバンドですね。3Mのデジタルマルチレコーダーも恐らく日本で最初の使用だったと思うのですが、アナログマルチテープの曲の始まる前のノイズや、アナログ特有の転写がなく、突然曲が始まるのを聞いたときは、正直たまげました。でもあるときこのテレコが突然暴走し、一時間テープが終わるまで止めることも早送りも巻き戻しもできず、ただぼーっと見ていたこともありましたが。とにかく色々なことがあったレコーディングでしたね。

|

« スタジオよりVocoderのご紹介です | Main | 成績付け »

Comments

いやーMAKE UP CITY名盤ですね!
大好きです、今でも。
2ちゃんねるだと、「MAKE うp CITY」なんでしょうねw
この頃憶えてるのは、向谷さんは「YMO」のアルバム「BGM」の楽譜を採譜して出版されてましたよね?確か。
それから経済情報82!どなたかおっしゃってましたけど。
私は音源持っているんですよ!
NHKのレッツゴーヤングにカシオペアが出演された時にいきなり経済情報82から始まって(笑)
すごく懐かしいです。

Posted by: KO | March 18, 2007 at 21:21

はじめてですが、超遅書き込み失礼します。

向谷さんのおっしゃっている、徹夜して題名を考えた曲というのは、桜井さんの「Pastel Sea」だったと思います。たしか。

また最新の録音機材も凄かったのですが、向谷さんの使用機材としては、やはりProphet-5の音色が印象深いです。TATSUさんがお書きになっている松武秀樹さんの参加は、主にこのP-5のプログラミングのことだと思うのですが…。

神保さんが参加されて初めてのスタジオ録音盤で、メンバーの皆さんの個性とやる気がすべて詰め込まれている名盤と思います。このあとプロデューサーにハーヴィー・メイソンさんを迎えて米国録音盤を出されることになるわけで、世界に羽ばたくカシオペアになる寸前の名作ですね。

Posted by: たかまさ | March 14, 2007 at 14:10

 久しぶりのコメントです。以前,make up city が私の中で最高傑作という話題を書き込んだ覚えがあります。その話題が出て大変感動しています。アルバム作成秘話を20年以上経って聞けるとは思いませんでした。色々な過程を経て完成したのですね。確か,当時アメリカの方でアルバムベスト3に入ったという記事を読んだ記憶が~
 曲自体はもちろんですが,音のバランス,絶妙な音色,なんと表現して良いか分からないほど感激した記憶があります。夜,星空を眺めながら,当時人気が出始めた初代カセットウォークマンに曲を入れて聴き,別世界にトリップしていたのは私です。今も真剣にあのサウンドで,make up city take2 が出て欲しいと願ってます!!
  

Posted by: ひろ | February 22, 2007 at 13:50

MAKE UP CITY~大好きなアルバムです!!
横浜BLITZでGYPSY WINDが聴けたことは感涙ものでした。
本当にジャケットも素敵ですね。

Posted by: ラッキーベル | February 20, 2007 at 08:48

この当時、某N○Kで放送していた「経済○報'82」のテーマ曲が
CASIOPEAでした。今となっては聴くことができませんが、仲間内で
かっこいい曲と評判でした(おそらく1分弱の曲です)
10年ほど前、野呂さんと楽器店のトイレで横並びになった時(笑)
この曲のことをお聞きしたら、たしか「あの曲は僕ももう持ってない
んです。もう聴くことはできないですねぇ」と言っておられました。
MAKE UP~路線のいい曲だったと記憶しています。聴きたいなぁ・・・
すみません、思い出話でした。

Posted by: SMO | February 18, 2007 at 19:07

波動砲・・・ですか(笑)
なるほど~、そんなイメージの絵ですね。僕は、底のほうからガンダムと赤いザグが戦いながら昇ってきそうだ、と思いました。
どちらにしても、近未来的な、わくわくする感じのジャケットですね。
曲も、何度聴いてもわくわくします。神保さんの最新DVD「神保彰の作り方」を拝見し、そこで紹介されていた「コピーのススメ」を早速やってみました。Make Up Cityのドラムって、簡単なようで簡単じゃないですね。

Posted by: 元気の源!! | February 18, 2007 at 02:03

レコーディングの色々なエピソードが聞けて、とてもうれしいです(^^)
カシオペアは活動年月が長い分、それだけ思い出も多いかと思います。
これからも他のアルバムについてのことや楽器遍歴のこと、
ライブ・イベント等でのこぼれ話、トレインシリーズの話…
そして向谷さんの現在の様子など、多岐に渡って色々とお聞かせ下さいね
それと。。。私事で恐縮なのですが(^^;
ブログの写真を、携帯の待ち受け画面に使っているので、
お顔大きめの写真もお願いしますm(。。)m
小さすぎて何がなんだかわからないことがあります(^^;

Posted by: ゆか | February 16, 2007 at 07:01

曲名って重要ですよね。
インストってどうやって曲名を決めるのか?って疑問もってました。
徹夜で決めるなんて凄いエピソードですね。

Posted by: ヤス | February 15, 2007 at 20:35

最近またYMOの本が色々と出ていて、その中には割と当時のアルファレコード周辺の様子がわかる記事がよく出ています。芝浦のスタジオAの機材の話もよく出ていて、デジタルのディレイやノイズ・ゲート、自動卓(麻雀ではなくて)や3Mのデジタル・レコーダーなんかの話を読むと、「大変な会社だったんだなー」とよく分かります。『MAKE UP CITY』なんてのはまさにその時期のものだったわけで、レコーダーの暴走とかはカシオペアの時もやはりそんな事が起きてたんですかー、的に感じます。しかし、当時その場にもいなかった私のような者が、さも見てきたかのように話をするよりはやっぱり当事者に語ってもらうのが一番面白いです。過去『カシオペアの本』なんて貴重なものもありましたが、そういう後日談みたいなのも聞きたいです。松武秀樹氏も手を貸しておられますが、これはどのへんだったんでしょうか?あの巨大なMOOGとかも使っておられたんでしょうか?

Posted by: TATSU | February 15, 2007 at 11:48

こんにちは。
前回のポストでも何故かどなたも触れられていませんでしたが、MAKE UP CITY と言うともちろん中味もさることながら、ジャケットがイイですね。波動砲みたいな(笑)
他のLPは全て手放しましたが、MAKE UP CITY だけは今も残してあり、ジャケットが部屋を飾っております。

Posted by: milica | February 15, 2007 at 08:54

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« スタジオよりVocoderのご紹介です | Main | 成績付け »