« Vol.02:弾き方のこつ(P23) | Main | Vol.04:リズムを変えて~(P58) »

Vol.03:音の三要素(P39)

アナログシンセサイザーの原点、「ミニムーグ」が登場します。あいかわらずいい仕事しますよ、このシンセは。Onchi2_4
「P39.mpg」をダウンロード

|

« Vol.02:弾き方のこつ(P23) | Main | Vol.04:リズムを変えて~(P58) »

Comments

アナログシンセサイザーの音を聴きました。
アナログ機器による独特の音色は良かったです。

単音しか出ない、ツマミで回して音を調整するので、
全く同じ音をもう一度出すことが出来ない(何かのDVDで向谷さんが言っておられたと思います。)等、
デジタルと比べるとかなり不便そうな気がしますが、
(と言っても、私は縦笛以外の楽器なんて扱ったことが無いので良くわかりません…)

最新型のシンセサイザーには無い良さ、特に手動で調整することで出る音に、すばらしい物を感じてしまいました。

Posted by: Wing2100 | May 20, 2006 at 21:42

できれば、昔YAMAHA DX-7 II用(?)向谷ROMの音色解説でなさっていたように、カシオペアの(もしくはソロアルバムの)どの曲のどの辺でどう使われているか、具体的な例を挙げてほしかったです。

Posted by: Meatian | May 19, 2006 at 13:58

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



« Vol.02:弾き方のこつ(P23) | Main | Vol.04:リズムを変えて~(P58) »