« 台湾ゲームショーでのステージ | Main | 茶藝に挑戦 »

MRT乗ってきました

MRT01MRT02MRT03MRT04MRT05MRT06MRT07台北市内の重要な輸送手段であるMRTに乗ってきました。東西を貫く板南線、南北を走る淡水線の2つを利用しました。乗車券の購入方法で日本と違うのは、自動販売機でまず料金を選択し、それからお金を投入するところです。利用者の多くは非接触式のカード(スイカのようなもの)を利用していました。市内中心部はこの2線は地下鉄ですが、私が利用した淡水線は市外は高架でした。他の路線では市内でも高架の路線もあります。
料金はやはり安く、初乗り20元(おおよそ70円)、25元程度でかなり乗れます。ちなみにバスは15元、タクシー初乗り70元(タクシーは時間距離併用ですが、ほぼ停車した状態で累計2分ごとに5元が距離の他に加算されますが、かなり安いです)と日本人旅行者にはリーズナブルですね。
私の乗ったMRTはATOでワンマンでした。VVVF車でシーメンス製のいい音を鳴らしていました。他に日本でいえば「ゆりかもめ」と同じ自動運転の路線もあるようです。今度来た時は郊外にも足を運んだり、台湾新幹線にも挑戦したいですね。

|

« 台湾ゲームショーでのステージ | Main | 茶藝に挑戦 »

Comments

4年前のカシオペアの台湾ライブのツアーに行った時のことを思い出しました。(参加者少なかったけど・・・)その時のフリータイムにMRT乗りましたよ。日本の券売機と比べると台湾のはすごくでかくて、料金を後で入れるので戸惑いますね。その時出てきた乗車券はテレカくらいの大きさで再利用されているのか、プリントが擦り切れてました。改札機も日本のものと違って出ているバーを押してはいる感じ。
車内での飲食、ガム、喫煙は厳禁で罰金1500元、優先座席は「博愛座」と書かれていました。

Posted by: ぴちぴちビーチ@大阪サザン | February 27, 2005 13:44

こんにちは、Wing2100です。
やはり、向谷さんは台湾の鉄道を満喫されたそうですね。

切符などが残っていたら、ブログにアップして欲しいです。

私は昨日、愛知地球博の輸送鉄道となるリニモの試乗会で、藤ヶ丘~万博八草を往復しました (^o^)/

リニモは、MRTと同じくワンマン&ATOでした。
磁気浮上式なので、乗り心地がどうかが気になりましたが、
ゴムタイヤの新交通システムと比べると揺れは少なく、通常の電車なみの乗り心地でした。

Posted by: Wing2100 | February 27, 2005 12:05

台北の鉄道,MRTですか、乗られたということで
お写真がたくさんで楽しませていただいてます♪
自動販売機、なんだかすごく大掛かりなものですね!
駅ホームの様子もとても広そうできれいで・・。
日本とはいろいろ違って、電車の音とかもまた何かのいいアイデアになったのでは??
私も電車に乗るのは大好きだけど、なかなか機会が無く三重から遠出の時は決まって私鉄→JRのぞみで、他の線に乗ったこと無いのでつまらないですが・・
向谷さんのお話聞くたびにこちらまでワクワクします。
そうそう、愛知万博まで一ヶ月をきったのですが、会場に向かうリニモという乗り物。
ぜひ乗ってみたいと思ってます~

Posted by: chieko | February 27, 2005 00:58

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference MRT乗ってきました:

« 台湾ゲームショーでのステージ | Main | 茶藝に挑戦 »